カードローン審査甘い

甘い審査、通りやすいローンの一覧

モビット

金利 年3.0~18.0%
限度額 800万円
審査時間 最短30分
収入証明書 必要
  • 三菱東京UFJ銀行or三井住友銀行に口座があればWEB完結申込み可能
  • 三菱東京UFJ銀行or三井住友銀行に口座があれば申込みから利用まで電話連絡・郵送物なしでカードレス。
  • 申込項目が少ないので記入がスムーズ
公式サイトを見る

じぶん銀行カードローン

金利 年2.4~17.5%
限度額 800万円
審査時間 最短30分
収入証明書 300万円まで不要
  • auユーザーはさらに金利が下がる
  • 借り換え・おまとめOK
  • コンビニ、ゆうちょ銀行、三菱東京UFJ銀行のATM手数料無料
公式サイトを見る

バンクイック

金利 年1.8~14.6%
限度額 800万円
審査時間 最短30分
収入証明書 300万円まで不要
  • コンビニATM手数料無料
  • ゆうちょ銀行ATM手数料無料
  • 口座がなくても申込みOK
公式サイトを見る

みずほ銀行カードローンエグゼクティブプラン

金利 年3.0~7.0%
限度額 最高1,000万円
審査時間 最短即日
収入証明書 200万円まで不要
  • キャッシュカード兼用型/ローン専用カードが選べる
  • 不足分を自動的に融資サービスあり
  • プラス分を自動的に返済サービスあり
※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。エグゼクティブプランの年3.0%、コンフォートプランの年3.5%は引き下げ適用後の金利です。
公式サイトを見る

第三銀行カードローン

金利 年4.80~14.50%
限度額 1,000万円
審査時間 最短30分
収入証明書 500万円まで不要
  • コンビニATM手数料無料
  • 第三銀行ATM手数料無料
  • 専業主婦・年金受給者でもOK
  • 申込み対象者:三重県、愛知県、岐阜県、奈良県、大阪府、和歌山県、東京都にお住まいかお勤めの方
公式サイトを見る

スルガ銀行カードローン

金利 年3.9~14.9%
限度額 800万円
審査時間 最短30分
収入証明書 500万円まで不要
  • 平日12時までの契約手続き完了で当日振込
  • 入金のコンビニ手数料は終日無料
  • 平日の出金のコンビニ手数料は7~18時無料
  • 土曜の出金のコンビニ手数料は9~14時無料
公式サイトを見る

ひめぎんクイックカードローン

金利 年4.4~14.6%
限度額 800万円
審査時間 最短30分
収入証明書 300万円まで不要
  • 初めての方はWeb契約で30日間無利息
  • 月4回までコンビニATM手数料無料
  • 口座がなくても申込みOK
  • 対象地域:中国・四国・九州の全県
公式サイトを見る

ACマスターカード【※裏技!】

アコムが発行しているACマスターカードというクレジットカードをご存じでしょうか?「カードローン付き」「ショッピング専用」の2種類から選べるのですが、「カードローン付き」を選べばアコムから借入ができるという裏技が使えるんです!審査が不安な方は、こちらに申込むのも有りですね。

おすすめは銀行カードローンです

お金を借りるときにはどこから借りるか。友人や親を除けば、カードローンや消費者金融などの融資サービスで申込みますね。クレジットカードにもキャッシング枠があり、海外では意外に便利なときがあります。

今はどのカードローン商品の金利も高くても18.0%ですが、貸金業法では上限20.0%に定められており、遅延があった場合はこの金利まで引き上げられます。例えば10万円を借りた場合、18.0%の金利だと毎月の返済額は9,167円、最終回の返済額は9,174円なので、合計110,011円。つまり10,011円の利息を支払うことになります。

10万円を1年で返すと利息は1万円。これくらいだとカードローンや消費者金融で借りることへの抵抗は低くなるかもしれませんが、借りる金額が大きくなれば返済期間も長くなるので、金利もかなりの額になります。

ということは、最初から金利の低いカードローンを選ぶと良いということです。借りてお金が入ってくると、まずは助かるし、返済のことはまだ「来月だからまだ大丈夫」と思っていても、ボディブローのように毎月の返済がのしかかってきます。

では、最初から金利の低いカードローンとは何かというと、銀行カードローンなんです。お金を借りるキャッシングには「消費者金融」と「銀行カードローン」の2種類があります。消費者金融はモビットやプロミスなどですが、金利は17.8~18.0%と高めに設定されています。

一方、銀行カードローンの金利はそれよりも低く、それぞれ違います。銀行カードローンの金利を以下に一覧にまとめました。上限金利だけを見てくださいね。

銀行カードローン 金利
みずほ銀行カードローン
エグゼクティブプラン
3.0%~7.0%
第三銀行カードローン 4.80%~14.5%
しずぎんセレカ 4.0%~14.5%
スルガ銀行カードローン 3.9%~14.9%
バンクイック 1.8%~14.6%
ひめぎんクイックカードローン 4.4%~14.6%

みずほ銀行の金利が異様に低いことが分かります。この金利だと、返済回数12回で、返済額の総額が103,955円、利息額の合計が3,955円です。消費者金融の18.0%の10,000円と比べると、6,000円ほど安く、この差は大きいです。借入額が大きくなるほどこの差が大きくなり、銀行カードローンで借りた方がお得なのが分かります。

銀行カードローンで一番おすすめなのが金利が一番低いみずほ銀行カードローンエグゼクティブプランですが、その他にもこのローンにはメリットがあります。それはカードが「キャッシュカード兼用型」と「ローン専用カード」が選べることです。キャッシュカード兼用型だとカードを見られても誰にもバレません。

例えば、以下のカードを見てみると、消費者金融のカードだということが一目瞭然です。これでは彼氏や彼女なんかに財布の中身を見られてしまうと、「何これ?」ってことになりかねません。また、消費者金融のATMに入るのも人の目が気になるし、コンビニATMでも消費者金融のカードを財布から取り出すときに他の人に見られないように気を遣うのが嫌ですよね。キャッシュカードと一体型のデザインならその心配がありません。

アコムカード
モビットカード
プロミスカード

総量規制により、消費者金融では年収の3分の1を超える金額は借りられなくなりました。しかし、銀行カードローンは総量規制の対象外のため、年収の3分の1を超える金額でも借りることができす。また、その銀行に口座を持っていれば審査は通りますし、ある程度の預金があったり利用歴が長ければ長いほど初回からまとまった金額の借入ができる可能性があります。

他社に借入がある場合、銀行カードローンに借換えたり複数の借入を一本にまとめることで、毎月の支払額が安くなり、返済日もまとまります。金利が低いというだけで、これだけお得な使い方ができるので、銀行カードローンは可愛いです。

審査が通りやすいカードローンの見分け方

審査が通りやすい、審査が甘い、審査が緩いなど、カードローン審査に不安がある方はこんな検索でカードローンを探すかもしれません。信用情報に「移動」と書かれることがブラックリストに載るということですが、ブラックリストに載っていようがいまいが、審査はやっぱり誰も落ちたくはありませんね。そこで審査が通りやすいカードローンが分かれば話が早いですね。

テレビCMや電車広告など、広告にお金をかけているカードローンがおすすめです。広告にお金をかけて露出を増やしているということは、それだけ新しい顧客を欲しがっているということです。また、広告にお金をかけられるほど儲かっているという見方もできます。

どちらにしても、カードローン会社は他社との顧客獲得争いをしているワケです。どのカードローン会社も、審査を多少甘くしてでも他社よりも多く顧客を獲得しようとしているのが手に取るように分かります。ここに資金力のない地方の金融業者は入り込めません。ということは、誰もが知っている有名なカードローンが狙い目だということになります。

審査に通ったからには「返済が可能」と判断された証拠ですが、あくまでも保証会社が信用情報機関に照会して得たデータから判断しているに過ぎません。毎月の生活費のやりくりは自分にしか分からないので「どれだけ借りていいのか」を自分で判断して借りることが重要です。借りられるだけ満額借りてしまうのは大変危険です。

お金を借りるときに一番大事なポイント

カードローン審査は、お金を借りたい人にとっては一番大事なポイントですが、実際にはどうなのか?ということで、「カードローンでお金を借りるときに調べることな何ですか?」というアンケートを100人に取ってみました。すると、以下のようになりました。

調べる内容 チェック数
金利(利息) 65
ブラック企業でないか 22
返済方法 20
近くにATMがあるか 15
限度額 10
主婦・無職でも借りられる 10
家族や職場にバレない 7
必要書類 7
有名なところがいい 5
フリーターでも借りられる 5
職場への電話確認があるか 5
ATM手数料 5
無利息期間があるか 5
通りやすそう(マイナー) 5
審査が簡単そう 2
いつでも借りられるか 2

金利を調べるというチェックが圧倒的に多く、低金利であればあるほど需要が多そうです。カードローンにも銀行系と消費者金融系があり、銀行系の金利はすべて低く設定されています。一方、消費者金融系の金利は高く、17.8~18.0%が相場です。審査が甘いのは驚くことに銀行系です。金利が高く設定されている消費者金融系ではないんです。

では、銀行系の審査が甘い理由は、消費者金融系に負けないようにしているからです。銀行系は後発組なので、消費者金融系に比べて先行利益を逃しています。また、本業の銀行融資は審査に時間がかかり、金利もそんなに取れないため、手っ取り早く稼げるカードローン事業に力を入れているという裏事情があります。

ということで、低金利の銀行系カードローンを多めに、審査が甘いところをこれから紹介します!もちろん、消費者金融系でも審査が甘いところがあり、銀行系よりもおすすめできるスペックを兼ね備えているため、おすすめの順に紹介します。

安心してください。全部審査が甘いです!

どこに申込んでも通る確率は高いので、もし落ちたら次に申込めばいいだけです。上記のアンケートでは金利を気にするという項目が圧倒的に多かったですが、ここで紹介している銀行系カードローンの金利は一番低いところで7.0%です。

例えば10万円を6ヶ月間借りたときの利息は、以下の通りです。

カードローン 金利 利息
みずほ銀行カードローン 年3.0~7.0% 2,052円
第三銀行カードローン 年4.80~14.50% 4,271円
しずぎんセレカ 年4.0~14.5% 4,271円
スルガ銀行カードローン 年3.9~14.9% 4,391円
バンクイック 年1.8~14.6% 4,301円
ひめぎんクイックカードローン 年4.4~14.6% 4,391円

千円以上も利息に差が出ました(;´・ω・) 盲点なのが、ATM手数料なんです。どのカードローンも、その会社のATMなら手数料無料ですが、やっぱりコンビニATM手数料が無料のところがいいですね。ちょっと借りる、ちょっと返すというときはコンビニを使うはずなので、そんなときに利息の他に手数料が取られたらバカバカしいですし。コンビニか銀行か、でしょうかね。